海外FXニュース トップ > フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
検索 該当件数 295件




検索結果一覧


295件中1~30件を表示

情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                              手数料ゼロの株取引アプリを提供するRobinhoodはベンチャー投資家の興味をひくに関して一切問題がない。 昨年12月に立ち上げられたRobinhoodはモバイルベースの米ストックブローカーで、手数料ゼロの株取引を提供する。このアプリはポートフォリオ情報やストックチャート等を含む。Robinhoodは手数料の代わりに証拠...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                            ICAP市場の電子FX事業展開でリードするEBS社はFX為替向け新しいツール提供を開始する。同社は、2015年第4四半期に、EBS Direct上でベータ段階FX Outrights and Swapsの提供開始を発表した。この件に関しては、現在規制機関の認可授与待ちである。 同社発表によると、30件に上るリクイディティ・プロバイダー(LC)を持つ顧客...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        ユーレックスグループは、2015年4月期ADV (日次平均取引高)は830万枚で、前年同月の870万枚から4.6%減となったことを発表した。 これらの取引高の内、590万枚はユーレックス取引所の契約であり、前年同月の610万枚から3.3%減。さらに、ユーレックスは4月期に米本拠の国際証券取引所 (ISE)で240万枚取引された。   株価指数派生商品...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        オーストラリア証券取引所(ASX)は、中国先物協会(CFA)と覚書を取り交わしたことを発表。 ASXとCFAは杭州に開催された会議で覚書を締結。CFAは、中国先物業界の開発、そしてトレーニングと透明性ある業界基準の統合に取り組む自主規制機関。 今回の覚書は、オーストラリア及び中国における先物市場への関心の高まりに対応したもの。覚書の有...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        SafeCharge社は、同社元カードサービス事業の最高経営責任者であり取締役副社長をCFOに任命した。 同社社長ChairmanのRoger Withers氏は、「Ali KhwajaはBerenberg社及びUBS社などで金融・投資家関係において豊富な経験を持つ。今後当社も新しい時期に入り、彼の金融、M&A戦略、金融関係者との関係面における彼の能力に大きく期待して...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
    東京都渋谷区に本社を置くGMOクリック証券は、 2015年5月11日(月曜日)から取引所為替証拠金取引「くりっく365」のサービスに、トルコリラ/円の取り扱い開始を予定していることを発表した。 【商品概要】 取扱開始通貨ペア トルコリラ/円(TRY/JPY) 取引単位(通貨単位) 1万 最大注文数量(通貨単位) 300万 呼値(通貨) 0.01 注文受付可能幅(基準価格±) 1.8円 取引手数料 0円...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        Plus500の発表によると、2015年3月31日締めの第1四半期で新しい記録を達成。取引高は、前年同月比35%増で8210万ドル。2014年第4四半期に比べると23%増となった。 今回の成長は主に活発に取引を行う新顧客の増加による。昨年の32,880人に比べ、新顧客数は63%増となった。活発に取引を行うトレーダーは前年同四半期に比べ34%増で、67,667人...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
              (写真撮影: Bloomberg)     ファイナンス・マグネイト社は、シティグループのFXブローカー部門が近々売却されるという情報を入手。 3ヶ月前には、スイス国立銀行(SNB)がリクイディティ・プロバイダーの状況引き締めを促す為、突然FX事業を停止したことが報道された。 SNBに続き、その後多くの銀行が個人向け証券取引事業に新しいリクイディティ・プロバイダーを見つ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                      中国人民銀行の傘下にある中国外貨取引センターがは、外貨による借入・貸付業務を制限付きで開始することを発表した。市場での取引活発化を目的とするスッテプと言える。発表によると、4月13日を皮切りに企業は米ドル、ユーロ、そして香港ドルで借入・貸付できる。 取扱い最高金額は、各借入・貸付通貨で100万。貸付期間は人民元の契約同様一晩か...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        LCHクレアネット社はインフレスワップの清算サービス提供を開始した。これにより同社は、インフレスワップの清算サービスを提供する初のCentral Counterparty Clearing House (CCP)となった。 これまででLCHクレアネット社のクリアリングサービスを利用するメンバーは11メンバー。バークレイズ銀行そしてJ.P. Morgan社がインフレスワッ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                    アトランタ州のインターコンチネンタル取引所本拠 (写真:ブルームバーグ社)       インターコンチネンタル取引所(ICE)は3月期の取引高を発表。FX取引はリバウンドを見せ前月比113%、前年同月比168%で、日次平均取引83,000枚となった。 この成長は、ちょうど連邦準備銀行が金利変更なしを発表した頃に記録的な取引高を示したユーロ/米...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 JPモルガン社の外国為替グローバルヘッドのJames Ellery氏が同社を去った。  Ellery氏は、前任のKahayn Mirza氏が昨年3月に競合のゴールドマンサックス社に移った為、後任として外国為替のグローバルヘッドを引き継いだ。  現時点では辞任するEllery氏の後任は決まっていない。さらに、Ellery氏の行き先も知られていない。ゴールドマンサックスでKahayn Mirza氏と再会するという可能性もあるだろう。  JPモルガン社は2015年に...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        Boost VC社の創設社アダム・ドレーパー氏は、ビットコイン事業のライセンス化を図る 「BitLicense(ビットライセンス)」制度提案に対し、オンラインによる嘆願書を開始した。同氏によると、この制度は主要な金融センターにおけるイノベーションに大打撃を与えることになるという。同氏は嘆願書において、「ニューヨーク金融サービス局は...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 David Leibowitz氏は、国際法律事務所のBerwin Leighton Paisner社パートナー且つ破綻問題の専門家である。  今年1月15日のスイスフラン・ショックで、アルパリUK社と多くの顧客が損失を被り、後の19日に破綻し特別管理下に置かれたアルパリUK社。今回同氏が破綻したアルパリUK社顧客から寄せられた質問や特別管財人の役割について回答する。  投資銀行に対する英特別管財人制度は、リーマン・ブラザーズ社破綻後、2011年に導...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
中国人顧客・IBが、Iron FX社にする160の訴状を提出 フォレックス・マグネイトは、IronFX社に対する約160の訴状がリマソル(キプロス)の裁判所に1月22日に提出されたという情報を得た。  これらの申し立てによると、IronFX社はIBが同社で保有していた150以上もの口座に対する出金を拒否し、該当する顧客資金の総額は約125万ドルであるという。 Iron FX社CEOMarkos Kashiouris氏  IronFX社CEOのCEO Markos Kashiouris氏とのイ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
米CFTC、会員の財務データ発表  米商品先物取引委員会(CFTC)は、米規制ブローカーの12月財務データを発表、リテールFX顧客資産は前月比で6%減少した。  12月は11月に引き続き、FXCM社が最大の顧客資産を保有していたが前年比12%減少し、これは全体の減少率の倍にあたる。休暇前の償還で大半の業者が顧客資産の減少を示した中、大手で唯一増加を見せたのはIBFX社で、前月比で約100万ドル増加した。  ゲイン・キャピタル社はほ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 昨年5月にFXCM社に米国顧客を売却したFXDD US社は、全米先物協会(NFA)でのIBライセンス退会の申請を行った事を発表した。  このFXDD US社は独立した子会社である為、この決定はFXDD Global社のビジネスには影響を与えない。  FXDD米子会社がNFAの厳格な米規制環境から撤退後、FXDD社は海外ビジネスに焦点を当ててきた。NFAは、FXDD社の米撤退後も容赦なく罰金を科した。  同社の自主的な脱退申請が当局に承認されると、FXDD...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
(前半の続き)  2014年に業界から注目された記事を月別に紹介。 8月 インヴァスト証券、新生ミラートレーダーに向けTradency社の14.99%株式取得;インヴァスト証券は、ミラートレーダー開発社のTradency社と資本業務提携を行う事を決定した。本業務提携により、インヴァスト証券はTradency社の発行済株式総数の14.99%を取得する事になり、インヴァスト証券のミラートレーダー「新生シストレ24(仮称)」の共同開発と「新生シスト...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 キプロス証券取引委員会(CySec)の発表によると、バイナリーオプションブローカーのEZTraderを有するWGM Services社のライセンスが復活した。  CySecは12月22日の協議にて、同社がキプロス投資業者(CIF)の規定に完全に準拠していると認め今回の決断に至った。先月、同社は当局に顧客資金の安全性や自己資本要件等について違反行為がありリスク過多と判断されライセンスの停止処分を下されていた。  EZTrader社はデューディ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 今年7月初旬にForexware社がボストン・テクノロジーズ(Boston Technologies)社買収を発表後、Forexware社の卓越したテクノロジーソリューションとの統合への取り組みは、ボストン・テクノロジーズ社のリストラ実施へと繋がった。  また、同月、ボストン・テクノロジーズ社共同設立者であるKevin Millien氏によって英領バージン諸島のBT Prime社と英FCAの規制下にあるBoston Prime社を保有するベリーズ拠点のBT Trading社に対...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 全米先物協会(NFA)は、NFA会員でかつ以前米商品先物取引委員会(CFTC)にリテールFXディーラーとして登録していたFXDD社に対し、50万ドルの罰金を課し、IBとしてだけ営業するよう命じた事を発表した。  NFAの業務運営委員会(Business Conduct Committee)によって下されたこの決定は、FXDD社によって提示された和解案に基づいている。同社はこれまでにNFAから2件の処分を受けており、罰金総額は100万ドルを超えた。  今回、...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
破壊されるブースに群がる見物人 中国テレビ番組、FXに対する警告再び  上海メディアグループの上海テレビは極めて重要な金融ハブである中国で最も視聴されている番組の一つで、複数の業者に対する一般人からの苦情を受け、今回2分間のコーナーで報道した。  同番組は、第12回上海インターナショナルマネーフェアの参加者を取り上げた。このイベントは来場者の約3分の1が個人投資家である。  取引で数百万人民元に相当する額を...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 先週注目されたフォレックス・マグネイトの記事には、ゲイン・キャピタル社の新たなパートナーシップ契約や、ウクライナ業者によって実行されたパニックを回避する為の危機管理策、エストニアブローカーでの9月の記録的取引高等が挙げられる。 OANDA社、Currensee社と統合したコピー取引サービス終了へ  OANDA社は、同社のソーシャル取引ソリューションである『Trade Leaders Program』のオペレーションを10月31日で終了する旨...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 GMOクリック証券は、英国金融行為監督機構(FCA)の認可を取得し、多くの人々を魅了する金融センターであるロンドンでついに正式始動する事となった。  GMOクリック証券は、イギリスとウェールズで『GMO Click UK Limited』として登録、9月1日に認可を受理した。FCAの登録会員ページによると、同社はプリンシパルとして顧客資産の保持と取引を行う事が認められ、オーダーフローを他の認可されたプロバイダーに流す事が出来る。 ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 フォレックス・マグネイトが入手した情報によると、全米先物協会(NFA)がFXDD社と同社CEOのJoseph Botkier氏に訴状を送達した。  訴状によると、同社はNFAから1,250,000ドルの罰金を求められており、各申し立ての罰金は最大でも250,000ドルだという。  NFAによる調査は2013年8月に開始され、FXDD社がFCMとして営業しFDMとして登録している間、NFA要件の5項目について違反があったと訴状に書かれている。  2012年7月、NFAはFX...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 フォレックス・マグネイトは、2014年第2四半期の調査報告書をリリース致しました。この報告書では2014年第2四半期のFX業界で見られた最も興味深いニュースを取りまとめ、また最も重要な開発についても分析をしています。  2014年は金融市場のトレーダーとブローカーにとって試練の時期が続いています。複数の重要地域で続く地政学的な衝突、様々な国で設けられた新たな厳しいFX規制、非常に低いボラティリティレベル、これら全...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 米ステートストリート社は、FX関連サービスで顧客に過剰請求をしたとして同社株主達に訴えられていた訴訟で、6,000万ドルの和解金に合意した。  ステートストリート社は、グループ会社であるGlobal Markets社、Global Services社、Global Advisors社等を通してFX、デリバティブ、エクイティ、債券等を顧客に幅広いサービスを提供している。この訴訟では、ステートストリート社が顧客へ過剰請求をし、質の高い投資であると偽った...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 日本の金融当局は、通貨取引業界を世界的整備を強化している。オーストラリア金融サービスプロバイダーが日本居住者と取引を行う事を禁止する規制を計画している。  フォレックス・マグネイトが得た情報によると、当局が日本居住のトレーダーを手放すようブローカーに強要しているそうだ。  この動きは、世界で最も流動性のあるアセットクラスであるFX業界に多大な影響を与え、オーストラリアで営業している大手業者の一部に大...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 米NFAは、30日、前リテールFXブローカーのアルパリUS社に5万ドルの罰金を課した事を発表した。  アルパリUS社は、米国顧客にリテール取引サービスを提供する為、ロシアのFXブローカーであるアルパリ社によって立ち上げられた。アルパリUS社は、ニューヨークに拠点を置き、NFAでFDM(為替取引業者)、FCM(先物取引業者)、RFED(リテール為替取引業者)として登録していた。昨年9月に、米国市場から撤退し、米国顧客口座をFXCM...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 キプロス証券取引委員会(CySEC)の発表によると、同一グループ会社に属する24OptionsとZoneOptionsのバイナリーオプションブローカー2社が、CySECでの登録企業名を変更した。しかし、これは実際少し前に完了しており、CySECは更新内容をリリースしただけであった。  これまで、24Optionsグループによって設立されたZoneOptionsは別々のブランドとして扱われており、Rodeler Limitedの社名で登録され、24OptionsはCbay Financia...続きを読む


295件中1~30件を表示