海外FXニュース トップ > フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
検索 該当件数 295件




検索結果一覧


295件中1~30件を表示

情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        オーストラリア証券取引所(ASX)は、中国先物協会(CFA)と覚書を取り交わしたことを発表。 ASXとCFAは杭州に開催された会議で覚書を締結。CFAは、中国先物業界の開発、そしてトレーニングと透明性ある業界基準の統合に取り組む自主規制機関。 今回の覚書は、オーストラリア及び中国における先物市場への関心の高まりに対応したもの。覚書の有...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        SafeCharge社は、同社元カードサービス事業の最高経営責任者であり取締役副社長をCFOに任命した。 同社社長ChairmanのRoger Withers氏は、「Ali KhwajaはBerenberg社及びUBS社などで金融・投資家関係において豊富な経験を持つ。今後当社も新しい時期に入り、彼の金融、M&A戦略、金融関係者との関係面における彼の能力に大きく期待して...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
    東京都渋谷区に本社を置くGMOクリック証券は、 2015年5月11日(月曜日)から取引所為替証拠金取引「くりっく365」のサービスに、トルコリラ/円の取り扱い開始を予定していることを発表した。 【商品概要】 取扱開始通貨ペア トルコリラ/円(TRY/JPY) 取引単位(通貨単位) 1万 最大注文数量(通貨単位) 300万 呼値(通貨) 0.01 注文受付可能幅(基準価格±) 1.8円 取引手数料 0円...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        Plus500の発表によると、2015年3月31日締めの第1四半期で新しい記録を達成。取引高は、前年同月比35%増で8210万ドル。2014年第4四半期に比べると23%増となった。 今回の成長は主に活発に取引を行う新顧客の増加による。昨年の32,880人に比べ、新顧客数は63%増となった。活発に取引を行うトレーダーは前年同四半期に比べ34%増で、67,667人...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
              (写真撮影: Bloomberg)     ファイナンス・マグネイト社は、シティグループのFXブローカー部門が近々売却されるという情報を入手。 3ヶ月前には、スイス国立銀行(SNB)がリクイディティ・プロバイダーの状況引き締めを促す為、突然FX事業を停止したことが報道された。 SNBに続き、その後多くの銀行が個人向け証券取引事業に新しいリクイディティ・プロバイダーを見つ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                      中国人民銀行の傘下にある中国外貨取引センターがは、外貨による借入・貸付業務を制限付きで開始することを発表した。市場での取引活発化を目的とするスッテプと言える。発表によると、4月13日を皮切りに企業は米ドル、ユーロ、そして香港ドルで借入・貸付できる。 取扱い最高金額は、各借入・貸付通貨で100万。貸付期間は人民元の契約同様一晩か...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        LCHクレアネット社はインフレスワップの清算サービス提供を開始した。これにより同社は、インフレスワップの清算サービスを提供する初のCentral Counterparty Clearing House (CCP)となった。 これまででLCHクレアネット社のクリアリングサービスを利用するメンバーは11メンバー。バークレイズ銀行そしてJ.P. Morgan社がインフレスワッ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                    アトランタ州のインターコンチネンタル取引所本拠 (写真:ブルームバーグ社)       インターコンチネンタル取引所(ICE)は3月期の取引高を発表。FX取引はリバウンドを見せ前月比113%、前年同月比168%で、日次平均取引83,000枚となった。 この成長は、ちょうど連邦準備銀行が金利変更なしを発表した頃に記録的な取引高を示したユーロ/米...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 JPモルガン社の外国為替グローバルヘッドのJames Ellery氏が同社を去った。  Ellery氏は、前任のKahayn Mirza氏が昨年3月に競合のゴールドマンサックス社に移った為、後任として外国為替のグローバルヘッドを引き継いだ。  現時点では辞任するEllery氏の後任は決まっていない。さらに、Ellery氏の行き先も知られていない。ゴールドマンサックスでKahayn Mirza氏と再会するという可能性もあるだろう。  JPモルガン社は2015年に...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
写真:ブルームバーグ 財務省関東財務局のウェブサイトで更新された情報によると、当局は、本日、その警告リストに7業者を追加し、一般に注意を呼びかけながら、これらの業者が日本で無登録であると指摘した。 7社は、国内および/または日本語でネットで勧誘やサービスを提供し、次の会社名、ブランドまたは別名を含む。 Trading Point (Seychelles) Limited (XM.com)、TO88 LTD. (Trend Option)、Star Material Asset Management....続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
CWM FX社、チェルシーFCのスポンサーから外される  親会社グループが160億ドル規模のポンジースキーム詐欺に関与していると報じられたCWM FX社は引き続き困難に直面している。新たな展開として、同社がスポンサーを務めるチェルシーFCが、オンライン上のスポンサーリストから同社を外したのである。  ロンドンを拠点とするCWM FX社は、警察がHeron Towerにある同社グループのオフィスに強制捜査に入り従業員が逮捕される事件以降...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
オーストラリア証券投資委員会(ASIC)は、今日、投資家に対して、オーストラリア人投資家に対する勧誘業務を禁止することで合意したと発表した。 東京サミット2015へのご参加をお待ちしております。お申込みはこちらへ。 懸念の会社はFXTSはそのウェブサイト(www.fxts.guru)上でオーストラリアを含む世界40カ国の投資家に対して3000回までの勧誘電話とその個人情報を様々なFXやバイナリーオプション関連企業に提供するこ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
外為プロフェッショナル協会(FXPA)がモスクワ証券取引所(MOEX)をFX取引協会の正式会員として加えた。 FXPAは2014年9月25日に設立され、FX業界の様々な分野のメンバーから成る組織である。ワシントンDCに拠点を置くFXPAの狙いは、健全性、透明性、優位性のあるグローバル通貨市場を支持し、米国ならびに海外の主要規制当局やポリシーメイカーと連携する事である。 先週の金曜日にはFXPAはEBS-BrokerTecの創設委員会への加入を...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        イギリス、オーストラリア、キプロス、ニュージーランド、そしてアメリカ等の厳しい規制を踏まえると、ケイマン・アイランド、バハマ諸島、英領ヴァージン諸島、そしてモーリシャスの許認可体制は証券業務にとって人気の目的地となっている。 英国金融サービス局 (FCA) 、オーストラリア証券投資 委員会等の規制機関 (ASIC)、キプロス証券...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 米先物取引委員会(CFTC)は規制に違反したICE Futures社に対し命令を下した。米拠点のICE Futures社は、ガイドライン違反につき300万ドルを支払う。この動きは、当局の主要規則に違反する会員業者に対する当局のスタンスを強調している。  当局が発表した内容によると、ICE社が当該期間内で提出した報告書にエラー・脱漏があり、トータルで数千もの誤差があったという。さらに、CFTCスタッフが繰り返しICE社に報告書とデータの...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 ビットコインブローカー向けの規制プログラムローンチ後、金融委員会(Financial Commission)は仮想通貨リクイディティプロバイダーを監督する新たな規制を設立した事を発表した。香港法人の非政府機関である金融委員会は、ブローカー、リクイディティプロバイダー、顧客間の調停に関する意見聴取を通して、金融業界を監督している。  この数か月間、ExgateやIbinexを含む複数のビットコインECNが設立された。これを受け、仮想...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 昨年5月にFXCM社に米国顧客を売却したFXDD US社は、全米先物協会(NFA)でのIBライセンス退会の申請を行った事を発表した。  このFXDD US社は独立した子会社である為、この決定はFXDD Global社のビジネスには影響を与えない。  FXDD米子会社がNFAの厳格な米規制環境から撤退後、FXDD社は海外ビジネスに焦点を当ててきた。NFAは、FXDD社の米撤退後も容赦なく罰金を科した。  同社の自主的な脱退申請が当局に承認されると、FXDD...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 スイスフランの大暴騰を受け、CFTCの調査に続き、Kirby McInerney法律事務所がFXCM社の取締役会に対して調査を行っている。これは、多くの米法律事務所による標準的な慣行で重要な結果はめったに得られない。  スイス国立銀行によるフランの対ユーロ上限撤廃は、各金融市場で予測すらできず不可抗力の事態を招いた。その1週間後の23日、欧州中央銀行(ECB)は2016年9月まで1.1兆ユーロ規模のソブリン債購入する量的緩和(QE)導...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 先週のスイス国立銀行によって引き起こされた騒動の余波は続き、キプロス証券取引委員会は、キプロス投資業者(CIF)にアセスメントを求めた。  このスイスフランショックは、業界大手の業者でさえ免疫がなく影響を受けた。アルパリUK社やFXCM社もその一部で、FXCM社はLeucadia National社によって劇的に救済された。  スイスフランのボラティリティによって生じる投資家の問題や壊滅的な影響を回避する為に、CySECは全キプロ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 今年7月初旬にForexware社がボストン・テクノロジーズ(Boston Technologies)社買収を発表後、Forexware社の卓越したテクノロジーソリューションとの統合への取り組みは、ボストン・テクノロジーズ社のリストラ実施へと繋がった。  また、同月、ボストン・テクノロジーズ社共同設立者であるKevin Millien氏によって英領バージン諸島のBT Prime社と英FCAの規制下にあるBoston Prime社を保有するベリーズ拠点のBT Trading社に対...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 全米先物協会(NFA)は、NFA会員でかつ以前米商品先物取引委員会(CFTC)にリテールFXディーラーとして登録していたFXDD社に対し、50万ドルの罰金を課し、IBとしてだけ営業するよう命じた事を発表した。  NFAの業務運営委員会(Business Conduct Committee)によって下されたこの決定は、FXDD社によって提示された和解案に基づいている。同社はこれまでにNFAから2件の処分を受けており、罰金総額は100万ドルを超えた。  今回、...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 欧州中央銀行(ECB)は欧州銀行を監督する機関となり、18か国3,600行以上の銀行を監督する事となる。この狙いは、特に銀行での不正操作問題等の主要問題について単一の解決策を出す為である。  この新たな取り組みでECBが強化する3つの指針は、1.欧州銀行システムの安全性と健全性の確保、2.金融統合と安定性の向上、3.一貫した監督の遂行である。  この銀行同盟の大きな柱の一つに、単一破綻処理委員会(Single Resolution Bo...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 先週注目されたフォレックス・マグネイトの記事には、ゲイン・キャピタル社の新たなパートナーシップ契約や、ウクライナ業者によって実行されたパニックを回避する為の危機管理策、エストニアブローカーでの9月の記録的取引高等が挙げられる。 OANDA社、Currensee社と統合したコピー取引サービス終了へ  OANDA社は、同社のソーシャル取引ソリューションである『Trade Leaders Program』のオペレーションを10月31日で終了する旨...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 本日2日、オーストラリアの大手FX・CFDブローカーであるPepperstone社が日本語サイト及び日本顧客向けのメールにて、日本在住顧客からの新規受け入れを終了し、さらに12月31日に既存顧客の口座も閉鎖することを発表した。 以下は通知メールの抜粋: 日本在住のお客様へ重要なお知らせ ここ数ケ月、Pepperstoneではオーストラリア証券投資委員会(ASIC)と蜜接に協議を行い、特に日本在住のお客様へのサービス提供に係る弊社の規...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 インヴァスト証券の連結子会社であるInvast Financial Services社は、誤解を招く情報をウェブサイト上と顧客とセールスリードに直接送るメールに掲載したとして、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)から罰金を科された。  同社は、7月に2通の違反通知書を受け、それぞれの違反内容について10,200ドル(合計20,400ドル)を支払っていた。  プレスリリースの中でASICは、2014年5月にInvast Financial Services社がウェブサイ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 フォレックス・マグネイトが入手した情報によると、全米先物協会(NFA)がFXDD社と同社CEOのJoseph Botkier氏に訴状を送達した。  訴状によると、同社はNFAから1,250,000ドルの罰金を求められており、各申し立ての罰金は最大でも250,000ドルだという。  NFAによる調査は2013年8月に開始され、FXDD社がFCMとして営業しFDMとして登録している間、NFA要件の5項目について違反があったと訴状に書かれている。  2012年7月、NFAはFX...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 フォレックス・マグネイトは、2014年第2四半期の調査報告書をリリース致しました。この報告書では2014年第2四半期のFX業界で見られた最も興味深いニュースを取りまとめ、また最も重要な開発についても分析をしています。  2014年は金融市場のトレーダーとブローカーにとって試練の時期が続いています。複数の重要地域で続く地政学的な衝突、様々な国で設けられた新たな厳しいFX規制、非常に低いボラティリティレベル、これら全...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 FXCM社は、昨年11月に公開された2013年第3四半期の財務報告書にて、FCA(英金融行為監督機構)による現在進行中の調査について合計1,500万ドルの損失引当金を計上した事を発表していた。そして、26日、FXCM社は制裁金と賠償金の合計1,690万ドルを支払う事でFCAと和解に至った事を公表した。  FXCM社の詳細によると、この調査は同社が2010年8月以前までに設定していた非対称スリッページポリシーについてである。2010年に取引条...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 フォレックス・マグネイトは、2013年第4四半期の最も興味深い記事や最も注目されたトレンドの分析等を包括した待望の第4四半期FX市場調査報告書をリリースした。  2013年は、ボラティリティーが取引高の急増や記録更新を引き起こし、これは特に日本のブローカーの間で多く見受けられた。また、多くの非常に興味深いM&Aが行われ、欧米ブローカーがこのトレンドを先導した。このように忙しい年を締めくくった第4四半期にはど...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 キプロス証券取引委員会(CySEC)の発表によると、同一グループ会社に属する24OptionsとZoneOptionsのバイナリーオプションブローカー2社が、CySECでの登録企業名を変更した。しかし、これは実際少し前に完了しており、CySECは更新内容をリリースしただけであった。  これまで、24Optionsグループによって設立されたZoneOptionsは別々のブランドとして扱われており、Rodeler Limitedの社名で登録され、24OptionsはCbay Financia...続きを読む


295件中1~30件を表示