海外FXニュース トップ > フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
検索 該当件数 295件




検索結果一覧


295件中1~30件を表示

情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
  報道によると、FXCM社はLeucadia社に対しさらに5400万ドルの返済を行った。この支払いにより、同社は3000万ドルの 条件付融資手数料の支払いを避けることができる。 この支払い資金には、FXCMジャパン社の楽天社への売却の収入が一部あてがわれている。 現在FXCM社は、与信契約書のもと6600万ドルを返済。これにより、2015年4月1日現在、FXCM社のLeucadia社に対するローン残高は2.44億ドルとなる。 Leucadia社との契約に...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                              手数料ゼロの株取引アプリを提供するRobinhoodはベンチャー投資家の興味をひくに関して一切問題がない。 昨年12月に立ち上げられたRobinhoodはモバイルベースの米ストックブローカーで、手数料ゼロの株取引を提供する。このアプリはポートフォリオ情報やストックチャート等を含む。Robinhoodは手数料の代わりに証拠...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                            ICAP市場の電子FX事業展開でリードするEBS社はFX為替向け新しいツール提供を開始する。同社は、2015年第4四半期に、EBS Direct上でベータ段階FX Outrights and Swapsの提供開始を発表した。この件に関しては、現在規制機関の認可授与待ちである。 同社発表によると、30件に上るリクイディティ・プロバイダー(LC)を持つ顧客...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        ユーレックスグループは、2015年4月期ADV (日次平均取引高)は830万枚で、前年同月の870万枚から4.6%減となったことを発表した。 これらの取引高の内、590万枚はユーレックス取引所の契約であり、前年同月の610万枚から3.3%減。さらに、ユーレックスは4月期に米本拠の国際証券取引所 (ISE)で240万枚取引された。   株価指数派生商品...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        オーストラリア証券取引所(ASX)は、中国先物協会(CFA)と覚書を取り交わしたことを発表。 ASXとCFAは杭州に開催された会議で覚書を締結。CFAは、中国先物業界の開発、そしてトレーニングと透明性ある業界基準の統合に取り組む自主規制機関。 今回の覚書は、オーストラリア及び中国における先物市場への関心の高まりに対応したもの。覚書の有...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        SafeCharge社は、同社元カードサービス事業の最高経営責任者であり取締役副社長をCFOに任命した。 同社社長ChairmanのRoger Withers氏は、「Ali KhwajaはBerenberg社及びUBS社などで金融・投資家関係において豊富な経験を持つ。今後当社も新しい時期に入り、彼の金融、M&A戦略、金融関係者との関係面における彼の能力に大きく期待して...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
    東京都渋谷区に本社を置くGMOクリック証券は、 2015年5月11日(月曜日)から取引所為替証拠金取引「くりっく365」のサービスに、トルコリラ/円の取り扱い開始を予定していることを発表した。 【商品概要】 取扱開始通貨ペア トルコリラ/円(TRY/JPY) 取引単位(通貨単位) 1万 最大注文数量(通貨単位) 300万 呼値(通貨) 0.01 注文受付可能幅(基準価格±) 1.8円 取引手数料 0円...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        Plus500の発表によると、2015年3月31日締めの第1四半期で新しい記録を達成。取引高は、前年同月比35%増で8210万ドル。2014年第4四半期に比べると23%増となった。 今回の成長は主に活発に取引を行う新顧客の増加による。昨年の32,880人に比べ、新顧客数は63%増となった。活発に取引を行うトレーダーは前年同四半期に比べ34%増で、67,667人...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
              (写真撮影: Bloomberg)     ファイナンス・マグネイト社は、シティグループのFXブローカー部門が近々売却されるという情報を入手。 3ヶ月前には、スイス国立銀行(SNB)がリクイディティ・プロバイダーの状況引き締めを促す為、突然FX事業を停止したことが報道された。 SNBに続き、その後多くの銀行が個人向け証券取引事業に新しいリクイディティ・プロバイダーを見つ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                      中国人民銀行の傘下にある中国外貨取引センターがは、外貨による借入・貸付業務を制限付きで開始することを発表した。市場での取引活発化を目的とするスッテプと言える。発表によると、4月13日を皮切りに企業は米ドル、ユーロ、そして香港ドルで借入・貸付できる。 取扱い最高金額は、各借入・貸付通貨で100万。貸付期間は人民元の契約同様一晩か...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        LCHクレアネット社はインフレスワップの清算サービス提供を開始した。これにより同社は、インフレスワップの清算サービスを提供する初のCentral Counterparty Clearing House (CCP)となった。 これまででLCHクレアネット社のクリアリングサービスを利用するメンバーは11メンバー。バークレイズ銀行そしてJ.P. Morgan社がインフレスワッ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                    アトランタ州のインターコンチネンタル取引所本拠 (写真:ブルームバーグ社)       インターコンチネンタル取引所(ICE)は3月期の取引高を発表。FX取引はリバウンドを見せ前月比113%、前年同月比168%で、日次平均取引83,000枚となった。 この成長は、ちょうど連邦準備銀行が金利変更なしを発表した頃に記録的な取引高を示したユーロ/米...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 2016-06-02 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 JPモルガン社の外国為替グローバルヘッドのJames Ellery氏が同社を去った。  Ellery氏は、前任のKahayn Mirza氏が昨年3月に競合のゴールドマンサックス社に移った為、後任として外国為替のグローバルヘッドを引き継いだ。  現時点では辞任するEllery氏の後任は決まっていない。さらに、Ellery氏の行き先も知られていない。ゴールドマンサックスでKahayn Mirza氏と再会するという可能性もあるだろう。  JPモルガン社は2015年に...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
写真:Rosemary Barnes ベルギーの金融サービス市場庁(FSMA)は、再び、ベルギーの領土内で違法操業している企業リストについて公衆の注意を促す警告を発行した。ほとんどがバイナリーオプションと外国為替商品、CFD部門およびリカバリー・ルームである。 オンライン取引、フィンテックとマーケティングの新世界 – 2016年6月29日のフォレックス・マグネイト・テルアビブ会議に今すぐ登録   公開を警告の対象となる不...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
                        イギリス、オーストラリア、キプロス、ニュージーランド、そしてアメリカ等の厳しい規制を踏まえると、ケイマン・アイランド、バハマ諸島、英領ヴァージン諸島、そしてモーリシャスの許認可体制は証券業務にとって人気の目的地となっている。 英国金融サービス局 (FCA) 、オーストラリア証券投資 委員会等の規制機関 (ASIC)、キプロス証券...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
アルパリUK社顧客、最大5万ポンドまで補償機構から補償される  英金融サービス補償機構(Financial Services Compensation Scheme:FSCS)は、アルパリUK社破綻により多数の請求を受ける予定である事を発表した。アルパリUK社顧客は最大5万ポンドまで補償されるが、それ以上預けている顧客は上回った部分の損失を被る事になる。  アルパリUK社の特別管理プロセスは現在も進行中で、最新の動きとしてはKPMG社が設置した返済請求ポ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 ビットコインブローカー向けの規制プログラムローンチ後、金融委員会(Financial Commission)は仮想通貨リクイディティプロバイダーを監督する新たな規制を設立した事を発表した。香港法人の非政府機関である金融委員会は、ブローカー、リクイディティプロバイダー、顧客間の調停に関する意見聴取を通して、金融業界を監督している。  この数か月間、ExgateやIbinexを含む複数のビットコインECNが設立された。これを受け、仮想...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 英金融行動監視機構(FCA)は、アルパリUK社について現在の状況や、関係者への今後のガイダンスをウェブサイト上に掲載した。この発表は、同社に資産を預けてまだ出金できていないトレーダーに明確な情報を提供する事が目的とされている。  この発表は『2015年1月18日、アルパリUK社は正式に特別管理制度(SAR)の下、破産手続きを行った』という書き出しで始まり、FCAは今回の事象がグローバルFX取引界に衝撃を与えたものだと...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
(前半の続き)  2014年に業界から注目された記事を月別に紹介。 8月 インヴァスト証券、新生ミラートレーダーに向けTradency社の14.99%株式取得;インヴァスト証券は、ミラートレーダー開発社のTradency社と資本業務提携を行う事を決定した。本業務提携により、インヴァスト証券はTradency社の発行済株式総数の14.99%を取得する事になり、インヴァスト証券のミラートレーダー「新生シストレ24(仮称)」の共同開発と「新生シスト...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
FX不正操作問題、主要規制当局が一斉に罰金命令  先週、最も注目されたニュースは間違いなく水曜日に発表された、レート不正操作に対する各当局からの一斉罰金命令である。  最初にこの発表を行ったのは英金融行動監視機構(FCA)で、英金融システムに対する信頼を揺らがせたとしてシティバンク、HSBC、JPモルガン、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)、UBSに対し合計11億ユーロ(約17億ドル)の罰金を課した。  ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 欧州中央銀行(ECB)は欧州銀行を監督する機関となり、18か国3,600行以上の銀行を監督する事となる。この狙いは、特に銀行での不正操作問題等の主要問題について単一の解決策を出す為である。  この新たな取り組みでECBが強化する3つの指針は、1.欧州銀行システムの安全性と健全性の確保、2.金融統合と安定性の向上、3.一貫した監督の遂行である。  この銀行同盟の大きな柱の一つに、単一破綻処理委員会(Single Resolution Bo...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
ゲイン・キャピタル社、City Index社を1億1,800万ドルで買収  先週金曜日、ゲイン・キャピタル社が、FX、CFD、UKスプレッドベッティングを提供するCity Index社を1億1,800万ドルで買収する契約を正式に結んだ。本買収により、入金済口座数は23万5000(180カ国)を超え、顧客資産額は12億ドル、年間取引高は3.1兆ドルとなり、FX/CFD取引におけるグローバルリーダーが誕生する。 FXCM社、カナダでの無登録ビジネスについて18万ドル...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
メタクオーツ社、低コストVPSサービス開始、そしてサーバー攻撃  メタクオーツ社が5月に開催されたiFXEXPOでベータ版を発表したメタトレーダー4用VPSサービスが、先週正式にローンチした。これはMT4のビルド735の一部で、ユーザーは自分達のアカウントナビゲーター画面から直接仮想サーバーに登録する事が出来る。このサービスは、この一年、FXとバイナリーオプション界で存在感を増しているWebzillaのインフラを採用している。 ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 先週注目されたフォレックス・マグネイトの記事には、ゲイン・キャピタル社の新たなパートナーシップ契約や、ウクライナ業者によって実行されたパニックを回避する為の危機管理策、エストニアブローカーでの9月の記録的取引高等が挙げられる。 OANDA社、Currensee社と統合したコピー取引サービス終了へ  OANDA社は、同社のソーシャル取引ソリューションである『Trade Leaders Program』のオペレーションを10月31日で終了する旨...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 アブダビのADS Securities社は UKの認可を受けたロンドン支店開設を発表した。このロンドン支店は、今年初めにADS Securities社によって買収されたFCAライセンス保持のPioneer Trader Limited社がADS Securities Londonとして再ブランド化されるものである。  このADS Securitiesロンドン支店は、以前トムソン・ロイター社のFXトランザクションEMEAの責任者として従事していたJames Watson氏をロンドン支店のマネージングディレ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 GMOクリック証券は、英国金融行為監督機構(FCA)の認可を取得し、多くの人々を魅了する金融センターであるロンドンでついに正式始動する事となった。  GMOクリック証券は、イギリスとウェールズで『GMO Click UK Limited』として登録、9月1日に認可を受理した。FCAの登録会員ページによると、同社はプリンシパルとして顧客資産の保持と取引を行う事が認められ、オーダーフローを他の認可されたプロバイダーに流す事が出来る。 ...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 本日2日、オーストラリアの大手FX・CFDブローカーであるPepperstone社が日本語サイト及び日本顧客向けのメールにて、日本在住顧客からの新規受け入れを終了し、さらに12月31日に既存顧客の口座も閉鎖することを発表した。 以下は通知メールの抜粋: 日本在住のお客様へ重要なお知らせ ここ数ケ月、Pepperstoneではオーストラリア証券投資委員会(ASIC)と蜜接に協議を行い、特に日本在住のお客様へのサービス提供に係る弊社の規...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 日本の金融当局は、通貨取引業界を世界的整備を強化している。オーストラリア金融サービスプロバイダーが日本居住者と取引を行う事を禁止する規制を計画している。  フォレックス・マグネイトが得た情報によると、当局が日本居住のトレーダーを手放すようブローカーに強要しているそうだ。  この動きは、世界で最も流動性のあるアセットクラスであるFX業界に多大な影響を与え、オーストラリアで営業している大手業者の一部に大...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 フォレックス・マグネイト2014年第1四半期調査報告書がリリースされた。第1四半期のFX業界での、興味深いニュースや、分析、最新情報等を網羅している。  2014年第1四半期は、金融市場にとって課題の多い四半期であった。地政学的な対立が複数の地域で起こったり、高頻度取引投資家を抑制する新たな規制も議論されるなどして、トレーダーの心的状態や信用に影響を与えた。  この変わりゆく業界で業者がFXビジネスで生き残る手...続きを読む


情報取得日 2017/07/12 情報配信日 - 海外FX業者:フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)

 
海外FX業者
フォレックス・マグネイト日本版(情報サイト)
 
本文
 米NFAは、30日、前リテールFXブローカーのアルパリUS社に5万ドルの罰金を課した事を発表した。  アルパリUS社は、米国顧客にリテール取引サービスを提供する為、ロシアのFXブローカーであるアルパリ社によって立ち上げられた。アルパリUS社は、ニューヨークに拠点を置き、NFAでFDM(為替取引業者)、FCM(先物取引業者)、RFED(リテール為替取引業者)として登録していた。昨年9月に、米国市場から撤退し、米国顧客口座をFXCM...続きを読む


295件中1~30件を表示